本文へスキップ

散策マップ(夏)

体験温室トマトもぎ
 平成29年度開催 
トマトもぎの写真  開催日:5月6日(土)・7日(日)・13日(土)・14日(日)
販売価格:800円/1s

受付開始:4月19日AM9:00から 虹の家のみで電話で先着受付

収穫体験ジャガイモ掘り H29年日程

 団体日程(30株以上掘る方)
開催日:6月3日(土)〜25日(日)午前中 期間中 月・火曜休み  
料金:入園料   大人200円 小人100円(3歳以上小学生)
   掘り取り料 5株700円(5株単位で受付)
受付開始 5/13〜
舞岡ふるさと村「ジャガイモまつり」開催日程
日程:6月17日(土)・18日(日)午前8時〜午後2時
内容:ジャガイモ掘り(個人)(予約制)9:00〜11:00
   野菜・花・豚肉製品の販売

浜なしの直売

 農家の軒先にて、8月中旬より開始します。
農家の入口には、浜なしののぼりが立ち、目印になります。

舞岡や 

地場産の採りたて野菜・手作り漬物・花の販売
おまつり開催時は、テントを出してたくさんの野菜を販売します。

8月中旬より 浜なしの販売
 
ハム工房舞岡

ハム工房の写真  安全飼育の豚肉製品の販売
手作りお弁当・コロッケなど惣菜販売
舞岡いちご園にていちごの販売

小川アメニティ

 地下鉄舞岡駅から小川沿いに遊歩道がつづきます

舞岡八幡宮

舞岡八幡宮の写真 舞岡八幡宮は、歴史ある神社です。
創建は約670年前の鎌倉時代末期、乾元元年(1302年)と言われています。
 湯花神楽の写真  舞岡八幡宮例大祭  4月15日
「湯花神楽」
 大釜で沸かした湯に笹の葉を浸し、参拝者の頭上に邪気を払うため、
湯をまき散らす。沸騰した湯がかき回され、湯泡が飛び散る光景が湯花の
由来といわれている。例祭の総称を湯花神楽と呼んでいます。
 例大祭 参進の写真    

ふるさとの森散策道

ふるさとの森 あずまやの写真 平成13年4月に、市民の方が自然と親しむ場の提供を目的として開設され、
遊歩道・あずまや・柵などを設置。整備しました。
隣接している舞岡公園へ、遊歩道は続きます。

総合案内所 舞岡ふるさと村虹の家

舞岡ふるさと村虹の家正面の写真 虹の家では、
農業・自然などの展示の他
研修室・調理室・展示コーナーの貸出
そば打ち・ウィンナー・パン・料理・自然観察会など各種教室の開催
散策マップの販売・飲み物の自動販売機の設置をしております。
田んぼ
ふるさと村は、都市部にあって良好な田園景観を有する農業地域です。
農業の振興と保全を図ることを目的としています。
公園とはちがい、田畑は民有の土地です。農作業を見学することはできますが、
立ち入らないようにお願いします。

ふれあい広場
ふれあい広場の写真 あずまやとトイレのある広場、散策の途中、立ち寄ってください

庚申塔・道祖神
舞岡では、たくさんの石仏たちに出会えます。
石仏の資料は、虹の家に立ち寄りください。

舞岡公園瓜久保の家
瓜久保の家の写真 舞岡公園内の瓜久保の谷戸の入口に建てられた長屋門。
奥には、小さな水田と池があり、池のほとりには、河童の像があります。

舞岡公園小谷戸の里
小谷戸の里の写真 明治後期の古民家、「旧金子家母屋」。
戸塚区品濃町より移設、復元したものです。
敷地内には、公園を管理運営する、小谷戸の里管理運営委員会の事務所があります。

旧東光寺薬師堂

旧東光寺薬師堂の写真 御本尊の薬師如来像は、大仏師「運慶」の作と伝えられています。
通常は、見ることはできません。
お堂の参道わきには、22体の古い石仏がならんでいます。

長福寺

北条政子の持念仏だった、といわれる木造等身大の 十一面観世音菩薩がまつられています。


JA横浜舞岡支店

散策マップ(春) 
散策マップ(夏)
散策マップ(秋) 
散策マップ(冬)
 
研修室・
料理実習室利用案内 
 展示案内
舞岡や
旬の野菜
(タケノコ・トマト・キャベツ・
レタス・小松菜・土ネギ)

漬物
(舞漬・梅干し)

花苗の販売
(ストック・パンジー・ビオラ)
TEL045−824−0075
営業時間:7:30〜12:00(平日)
土・日・祝日は14:00まで
火曜休み

 
体験温室トマトもぎ 舞岡や 舞岡公園小谷戸の里