本文へスキップ

こんな虫みつけたよ!in 舞岡

虹の家臨時休館期間の取り組みを契機として創設したこのコーナーは、今後名称も新たに、年間を通して
舞岡ふるさと村・舞岡ふるさとの森で見られる昆虫を、写真で紹介していきます。

R4年 1月23日 更新             
            R2 4/27 アーカイブはこちら  5/25 アーカイブはこちら
            6/28アーカイブはこちら  7/24アーカイブはこちら
            8/30アーカイブはこちら  9/26アーカイブはこちら
            11/19アーカイブはこちら  12/9アーカイブはこちら
            R3 2/21アーカイブはこちら 3/21アーカイブはこちら
            6/13アーカイブはこちら  6/26アーカイブはこちら                             8/9アーカイブはこちら

 雪景色の写真 雪の風景
年が明けてすぐ、
一面が真っ白になるぐらいの雪が降った。
雪景色の舞岡ふるさとの森で、毎年おなじみの、
越冬するウラギンシジミに出会った。
 葉裏のウラギンシジミの写真  ウラギンシジミ(シジミチョウ科)
<葉裏のウラギンシジミの写真>          
今回は、雪をバックにさぞや冬らしい写真が
撮れると思ったが、画面には葉の上に
積もった雪が少し入っただけで、チョウの回りを
雪がない空間が囲んでいた。
ウラギンシジミの越冬する姿を見るたびに、
ずいぶん無防備な身の隠し方だと思っていたが、
少なくとも雪が直接かからない場所ぐらいは
選んでいるのかもしれない。
撮影: 1月6日
モズのはやにえ  モズのはやにえ
先日、ニホンカナヘビが「イワシの目刺し」状態で
木の枝にぶら下がっているのを見つけた。
「モズのはやにえ」だ。「にえ」にされた
カナヘビは、悲しそうな表情をしていた。
他にも「はやにえ」がないか探したところ、
今度はウメの木の枝にバッタが刺さっていた。
頭や脚がなく、かなり痛んだ状態だったが、
胸背にくの字の模様があることや腹側が黄色い
ことなどから、ヒナバッタと思われた。
モズのオスは、冬の間に「はやにえ」として
貯えたエサを食べることで、歌が上手になり、
メスにモテるようになるらしい(大阪市立大学と
北海道大学の共同研究 2019年)
「にえ」として犠牲になる生き物たちも
気の毒だが、2月からの選考試験(繁殖期)で
ライバルに勝たねばならないモズのオスも大変だ。
撮影:1月16日
 

散策マップ(春) 
散策マップ(夏)
散策マップ(秋) 
散策マップ(冬)
 
研修室・
料理実習室利用案内 
 展示案内
舞岡や
旬の野菜
小松菜・白菜・里芋
さつまいも・漬物
(舞漬)
花苗・野菜苗の販売
TEL045−824−0075
営業時間:7:30〜12:00(平日)
土・日・祝日は14:00まで

火曜休み

ハム工房まいおか
TEL 045-822-5789
火曜休み
開店時間短縮
(9:30〜14:00)

かねこふぁーむ
TEL 045-823-1222

.